小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)

金沢春菊ドレッシング 200ml

醤油造り四百年の歴史を今に伝える金沢大野から、風味豊かなお醤油や加賀野菜を使ったドレッシングが届きました。

細かく刻んだ金沢春菊にチーズと黒こしょうを加えて味わい深く豊かな風味に仕上げたシーザードレッシングです。
加賀野菜のひとつ「金沢春菊」は濃厚でやわらかい食感で、全国に流通している春菊に比べるとアクや青臭さは無いのが特徴。300年以上前から金沢の人に愛され続けている冬の加賀野菜です。仕上げにお抹茶を用いてコク深く仕上げています。

生野菜や和え物、フライにタルタルソースとしてかけても美味しくお召し上がりいただけます。

【容量】
200ml

【原材料】
乳化液状ドレッシング(食用植物性脂、醸造酢、チーズ、レモン果汁、砂糖、食塩、香辛料、チーズ加工品、卵黄、アンチョビソース、酵母エキスパウダー、卵たん白加水分解物)、砂糖混合異性化糖、醸造酢、しょうゆ(本醸造)、抹茶、乾燥春菊末、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、大豆、りんごを含む)

【賞味期限】
お届けより4か月前後

■「直源醤油」について

金沢大野の醤油は、今からおよそ四百年ほど前の元和年間に、この地の町人・直江屋伊兵衛が遠く紀州から醸造技術を持ち帰って醤油造りを始めたのがその起源と伝えられています。

まだ江戸や諸国にも広まっていなかった頃のことで、高度な醸造技術を得て大野の町はたいそう栄えたそうです。
その後、金沢の城下形成と人口増加に合わせて醤油生産も根付き、文化年間(1804〜1818)には北前船によって能登から北海道へも出荷されていました。
この地が醸造に最適な立地であったことに加え、次々と新たな技術革新の積み上げに努めた伊兵衛の功績は大きく、今日でもこの町が醤油の町として名高いことの源になっていると思われます。

伝えられる古文書には、伊兵衛の流れを汲む直系の醸造元として、文政8年(1825年)に 「直源」は創業されたと記されています。
伊兵衛のこだわりを忘れぬよう、今も卓越した醤油造りに情熱を傾けています。

関連商品

加賀野菜 金時草ドレッシング 200ml

加賀野菜 金時草ドレッシング 200ml

SOLD OUT

紫色の葉が特徴の加賀野菜「金時草」を使ったピンク色のフレンチドレッシング。

加賀野菜 源助大根ドレッシング 200ml

加賀野菜 源助大根ドレッシング 200ml

540円(税込)

加賀野菜の「源助だいこん」をたっぷりすりおろし、柚子の果汁で仕上げたドレッシング。

もろみの雫 シーズニングソイソルト 20g

もろみの雫 シーズニングソイソルト 20g

540円(税込)

醤油独特の旨みと風味が広がるもろみの雫をフリーズドライ処理し、粉末化した新しいスタイルの醤油。