小樽駅

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

小樽観光の玄関小樽駅は、明治36(1903)年に、北海道鉄道の「小樽中央駅」として開業し、「高島駅」「中央小樽駅」と改称を繰り返し、大正9(1920)年に、それまでの小樽駅(現在の南小樽駅)の名称を映す形でやっと小樽駅となります。駅舎も現在のものは3代目です。



線路の購買の関係で、丘の中腹に造られたため、初代、二代目の駅舎に向かうためには、駅前は急坂となり、荷馬車などの往来に支障がありました。
昭和9(1934)年初にRC造駅舎として完成した現在の駅舎は、本屋背面の2階レベルにプラットホームが設けられています。



外観は、二年前に開業した上野駅をモデルに、左右対称のモダンなデザインでした。
このスタイルは当時日本統治下にあった台湾の嘉義駅も同様で、当時の鉄道省岸による都市型駅舎の代表的な構造でした。
コンコース上の旧駅長室は建設当初の姿を残し、イベント時に公開されています。

駅舎の正面にある「むかい鐘」は、開業から昭和40年頃まで列車到着の予報として鳴らされていました。
また小樽と縁が深い石原裕次郎氏がロケで小樽を訪れた際、4番ホームに降り立った由来で、平成15年より4番線ホームは「裕次郎ホーム」と愛称がつけられ、等身大パネルが設置されています。

施設名
JR小樽駅/JR Otaru Statioin
住所
〒047-0032 小樽市稲穂2丁目22-15
電話
0134-22-0771
営業時間
みどりの窓口 5:30〜22:45
定休日
なし
ホームページ
http://www.jrhokkaido.co.jp/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら