CONCEPT コンセプト

海運の街小樽から開運を…
途切れないよう
守られてきた流れを味方に
あなたの運も開けますように。

UNGA(うんがぷらす)は、
人々に富と幸福をもたらした北前船に
さながら七福神を
乗せた宝船の姿を想い重ね、
小樽を起点とした縁を大切に、
「モノづくり」を通して
この地の魅力をお届けします。

下に進む

STORY

写真:小樽市総合博物館所蔵 奥山コレクション

明治初期、北海道開拓の
玄関口として栄えた小樽。
「北前船」と呼ばれる
買積船(かいづみせん)が
大海原で純白の帆をはためかせ、
本州との往来により、
この地に大きな富を
もたらしました。

写真:小樽市総合博物館所蔵

小樽と札幌を結ぶ
北海道で最初に
敷かれた鉄道は、
道内各地への
物資輸送の重要な
役割を担いました。

写真:小樽市総合博物館所蔵

北前船主が所有する
石造りの倉庫が軒を連ね、
大正時代には停泊した船からの
貨物の荷揚げ用水路として
運河が整備され、
海運流通はさらに発展。

写真:小樽市総合博物館所蔵

道内随一の貿易港と
なった小樽には
多くの銀行や商社が進出し、
近代建築の銀行街が形成され、
北海道経済の中心地として
重要な役割を果たしたのです。

写真:小樽市公会堂

鉄道、倉庫群、銀行街・・・
歴史が創り上げた建造物は現在の小樽に
独特の景観を遺し、その繁栄を支えた運河も
保存され、今もなお観光資源として
多くの人々を魅了し続けています。

また、北前船が培った本州との繋がりは、
芸術や文化をも北の地に運んだことから、
今もその名残が色濃く感じられます。

写真:小樽運河沿い