田中酒造 亀甲蔵

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

最盛期の小樽には50軒以上の酒蔵がありましたが、今は小樽の地酒「宝川(たからがわ)」を造っている田中酒造だけが残っています。田中酒造は1899年(明治32年)創業から120年続く酒蔵で、市内に2つの店舗を構え、永年にわたり市民に親しまれてきました。

小樽の観光名所になっている亀甲蔵(きっこうぐら)は、明治38年築の1〜3号棟からなる木骨石造1階一部2階建の旧岡崎倉庫群で、小樽市の「歴史的建造物」に指定されています。

田中酒造の特徴は3つあります。一つめは日本酒の原材料は全て北海道産米であること。二つめは造る酒は全て純米酒であること。三つめは1年を通じて仕込む「四季醸造蔵」であることです。酒造りは冬場に仕込む「寒造り」が一般的ですが、亀甲蔵では一年中仕込みを行います。四季を通じて酒造りをいつでも見学することができるのです。

田中酒造では、道産酒造好適米が誕生した1998年(平成10年)以降、 ニセコ、音更、古平、厚真などで栽培する「彗星」を使用しています。「しぼりたて生原酒」は、蔵元でしか味わうことが出来ない貴重なものですが、ここ亀甲蔵では通年で試飲が可能です。

施設名
田中酒造 亀甲蔵
住所
〒047-0016 北海道小樽市信香町2-2
電話
0134-21-2390
営業時間
09:05〜17:55
定休日
年中無休
ホームページ
> ホームページはこちら



小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら