石狩湾の海と空が織りなす朝焼け

小樽港海の幸お届け便り vol.39

小樽は東の方角に海が広がり、石狩湾を跨いで対岸から朝日が昇ります。とくに夏季になると見事な朝焼けが織り成す一大天体ショーが見られる日もあります。小樽港と石狩湾の空と海の色が、深紅と薄紫からオレンジへと変わり、やがて黄色からブルーへと見事に変化を遂げていきます。朝焼けに映えるフェリーの船影や、防波堤に立つ釣り人のシルエットなど、早朝ならではの美しい海と朝日の組み合わせは、もうひとつの知られざる小樽の絶景です。





海と歴史を刻む街から口福のおすそわけ。「小樽港 海の幸お届け便」


かつて江戸から明治にかけて日本各地と北海道を結んだ北前船という商船がありました。
その頃から小樽を大きく発展させてきた「春告魚」とは鰊のこと。
ここから始まった小樽の水産加工の歴史は創業100年を超える企業を作り出してきました。
小樽百貨UNGA↑は、小樽水産加工業協同組合とともに、この街を活かしてきた「海の恵み」を全国の皆様へお届けいたします。


小樽港 海の幸お届け便