北海美味撰 HOKKAI CAN

390円(税込) 〜 540円(税込)

味の種類
  • 黒のさんま
    440円(税込)
  • 赤のさんま
    440円(税込)
  • いわしオリーブ煮 レモン
    390円(税込)
  • いわし醤油煮 山椒
    390円(税込)
  • 真だらこ醤油煮
    450円(税込)
    SOLD OUT
  • 結び昆布 やわらか煮
    540円(税込)
味の種類
購入数



小樽百貨UNGA↑は、小樽北運河のシンボルである北海製罐(株)と、美味しい海の幸をお届けします。


HOKKAI CANイメージ

やわらかな素材を一つ一つ手作業で詰める「菊詰め」という手法。

さんまやいわしの身を缶詰の中に花びらのように詰める「菊詰め」という手法は、大変手間のかかる作業ですが、魚の身が崩れにくく、見た目の美しさにもこだわっています。



製造風景

製造は北海道、根室で創業40年以上の歴史を誇るマルユウ。その缶詰づくりの手法は、新鮮で美味しい地元の食材にこだわり抜いて、最高品質の缶詰をつくるという、シンプルで妥協のない想いを開業当初から大切に守り抜いています。



製造風景



北海製罐×UNGA↑

北 海 製 罐 株 式 会 社


明治末期、北前船船主たちにより拓かれた北洋漁業の発展に伴い缶詰製造が盛んになり、1921年北海製罐倉庫が小樽に設立。

運河に停泊する船へ製品を搬出するスパイラルシュートを備えた第3倉庫は北運河とともにその歴史を伺わせる象徴的建造物。

小樽の発展に欠かせなかった施設群は市の歴史的建造物に指定され、その景観は多くの市民から愛されています。



北海製罐第3倉庫



― L i n e u p ―


黒のさんま(黒胡椒醤油)

根室花咲港に水揚げされる新鮮なさんまを使用。北海道東ではさんまの刺身を食べるときには醤油に胡椒を入れるのが一般的。一つ一つ「菊詰め」と呼ばれる花びら型に詰め、昔から地元で愛される味付を缶詰でも表現しました。



黒のさんま(黒胡椒醤油)盛り付け



赤のさんま(唐辛子醤油)

根室花咲港に水揚げされる新鮮なさんまを使用。北海道東ではさんまの刺身を食べるときには醤油に一味唐辛子を入れるのが一般的。一つ一つ「菊詰め」と呼ばれる花びら型に詰め、昔から地元で愛される味付を缶詰でも表現しました。



赤のさんま(唐辛子醤油)盛り付け



いわしオリーブ煮(レモン)

「根室七星」と呼ばれる北海道根室産の真いわし。栄養塩を多く含む道東沖に来遊するため脂がのり、身が締まっているのが特徴。一つ一つ「菊詰め」と呼ばれる花びら型に詰めオリーブ油で煮ています。レモン果汁でさっぱりと仕上げました。



いわしオリーブ煮(レモン)盛り付け



いわし醤油煮(山椒)

「根室七星」と呼ばれる北海道根室産の真いわし。栄養塩を多く含む道東沖に来遊するため脂がのり、身が締まっているのが特徴。一つ一つ「菊詰め」と呼ばれる花びら型に詰め北海道産の醤油と砂糖で味付し、山椒でアクセントを加えました。



いわし醤油煮(山椒)盛り付け



真だらこ醬油煮

北海道根室産の真だらを新鮮なうちにさばいた「真だらこ」を、北海道産の醤油と砂糖で美味しく味付けしました。ご飯のおともに、お酒の肴に最適な、北の海の幸がたっぷり詰まった一缶です。



真だらこ醬油煮 盛り付け



結び昆布やわらか煮

北方四島の貝殻島産の棹前(さおまえ)昆布を一つ一つ丁寧に結び、北海道産の醤油でじっくり煮付けた逸品です。味のしみ込んだ昆布はとてもやわらかく、昆布の旨味が食欲をそそります。



結び昆布やわらか煮 盛り付け

RECOMMEND