小樽運河|おすすめ散策ガイド

小樽百貨UNGA↑の小樽運河めぐりたい

江戸後期の頃、にしん漁が盛んになったことで人々が移り住み、その後、明治時代から大正時代にかけ、北海道開拓の玄関口として急速な発展を遂げた小樽市。小樽港を通じ、様々な物資を流通する海運の街として、取り扱う荷量が急激に増えたため、海を埋め立て、運搬を効率的に行える水路を作りました。それが1923年(大正12年)に完成した小樽運河です。

小樽運河

現在、小樽市は観光人気の高い北海道の中でも、札幌市や函館市とともにトップ3に入る日本有数の観光都市となりました。札幌駅からJRの快速列車で30〜40分と比較的気軽に遊びに行けることも人気の要因です。その小樽市で観光の象徴とも言える存在が、その「小樽運河」です。

初めて小樽を訪れる方にも安心して小樽運河を楽しんでいただけるよう、小樽運河周辺の見どころやお店などを小樽百貨UNGA↑の目線でご紹介させていただきます。





1.小樽運河の歴史

明治から昭和初期にかけ北海道の玄関口として重要な役割を担ってきた小樽港。港内に停泊した大型船から艀(はしけ)とよばれる小型船を使って荷揚げをしていましたが、取り扱う荷量の増加に伴い、艀荷役の渋滞が問題となります。そこで、より効率的な荷揚げ、荷積みができるように、大正3年からおよそ9年の歳月をかけて、人工の島を造成し、その周囲でも荷揚げ作業ができるようになります。そのとき、もともとの岸壁と人口の島の間にのこされた、全長1314m、幅40mの水面が通称「小樽運河」と呼ばれるようになります。

小樽運河

大正12年の完成後、しばらく商都小樽の繁栄を支えていましたが、戦後、小樽港に埠頭が整備されると、艀荷役は次第に減少、さらに太平洋側に都市に大規模な港が作られると、多くの船舶は太平洋航路へとシフトしていきます。小樽運河は次第にヘドロとゴミがたまる、無用の場所へと変化していきます。

小樽運河

そのような運河を埋め立てて、三車線の道路を建設し、再び小樽を物流の拠点とする計画が持ち上がります。それに対し、小樽の象徴として保存すべきとする市民運動がおき、全国的な話題となった「小樽運河保存運動」と繋がっていきました。結果として道道1樽港線沿いの南側の半分は道路として埋め立てられましたが、運河沿いは石畳とガス灯が整備された散策路になり、現在はその美しい景観が多くの人々を魅了してやまない北海道を代表する人気の観光スポットに生まれ変わりました。北側(通称:北運河)は今も昔のままの河幅40mが残されています。



2.定番の撮影スポット「浅草橋」

小樽運河

小樽運河の写真で最もよく見かける定番の写真撮影スポットと言えば、まず第一に上げられるのは「浅草橋」です。浅草橋の名前の由来は、ここから山手側に1キロ余り離れた地点に「浅草寺」というお寺があり、そこから運河まで延びる道を「浅草通り」、この通りと運河が交差する橋を「浅草橋」と呼んだのが由来だそうです。ちなみに小樽の地元では、東京のように「センソウジ」とは呼ばず、「アサクサデラ」と呼ばれているようです。

敷地内には観光案内所もあり、最新の観光情報や施設のパンフレットなど情報収集にとても便利です。橋の上に広場があり、ここから小樽運河をバックに記念写真をとるのがスタンダードです。周辺には、飲食店をはじめ、堺町通り、旧日本銀行小樽支店、旧国鉄手宮線など観光スポットも徒歩圏内です。





3.小樽運河クルーズの発着地「中央橋」

小樽運河 JR小樽駅から緩い下り坂を真っすぐ歩いて約10分程度、小樽運河の中心に位置する橋が中央橋です。小樽運河と小樽港を周遊する人気のクルーズ船「小樽運河クルーズ」の発着地となっていて、クルーズの途中でもこの橋の下を二度くぐるのが目玉の一つ。中央橋の下は「鳩のマンション」と言われているくらい、多いときには約20羽くらいの鳩が羽を休めています。ここは観光客の方が驚かれる場所の1つです。周辺には、観光の拠点となる運河プラザ観光案内所(小樽国際インフォメーションセンター)や祝津、オタモイ方面への海上観光船乗り場などがあります。

中央橋と浅草橋の間の運河沿いの「小樽運河散策路」を歩いて、情緒を楽しむのが王道の楽しみ方です。時間が少ない方は、この中央橋からスタートして、運河散策路を歩くのが良いかもしれません。





4.当時の面影が残る「北運河」

小樽運河

小樽運河散策路の北側に位置する北運河には、古の面影がそのまま遺されています。旧日本郵船小樽支店や旧渋澤倉庫など、明治時代に作られた歴史的建造物や石造りの倉庫がたくさん存在しています。またガス燈や北海製罐小樽工場など昔の小樽の様子を伝えるものが多数残っています。観光地化が進む賑やかな小樽運河周辺とは異なり、古い港町の風情を今に残している静かなエリアです。

小樽運河

また北運河の北端には小樽市民の憩いの場としても親しまれている運河公園があり、公園内には石畳が敷き詰められ、中央には噴水があります。噴水の奥にある洋館は旧日本郵船小樽支店です。この建物は、1906年(明治39年)に落成した近世ヨーロッパ復興様式の石造二階建築で、国の重要文化財に指定されています。また公園の近くには買い物客で賑わう鱗友朝市や、旧渋澤倉庫など石造り倉庫を改装した美味しいカフェや飲食店も多く、小樽旅行の散策には穴場のスポットです。





5.小樽運河のガス灯の点灯時間

小樽運河

・小樽運河散策路 日没〜24:00
(6月〜8月は18:00〜24:00)

・北運河散策路 光センサーで点灯・消灯
(6月〜8月は18:00〜翌朝4:00)

・運河プラザ前ガス灯 日没〜24:00

・運河倉庫群ライトアップ 日没〜22:30



6.北運河にあるお店めぐりたい

小樽運河に来たらぜひ巡って欲しい北運河エリアにあるお洒落なカフェやセレクトショップ、雑貨店、スィーツ専門店などを、小樽百貨UNGA↑の視点でピックアップしてみました。他のガイドブックとは一味違った小樽めぐりを愉しんでみませんか。

...もっと見る

小樽運河



7.古の街並み「北運河」めぐりたい

古の面影がそのまま遺されている北運河には、旧日本郵船小樽支店や旧渋澤倉庫など、明治時代に作られた歴史的建造物や石造りの倉庫がたくさん存在しています。またガス燈や北海製罐小樽工場など昔の小樽の様子を伝えるものが多数残っています。

...もっと見る

小樽運河



8.小樽観光の王道めぐりたい

現在、小樽市は観光人気の高い北海道の中でも、札幌市や函館市とともにトップ3に入る日本有数の観光都市となりました。札幌駅からJRの快速列車で30〜40分と比較的気軽に遊びに行けることも人気の要因です。

初めて小樽を訪れる方でも、まずは安心して小樽を楽しんでいただけるよう、見どころやお店など小樽観光の王道をご紹介させていただきます。

...もっと見る

小樽運河



9.小樽の絶景めぐりたい

広大な土地に美しい大自然の北海道は絶景の宝庫です。そんな北海道の日本海側に位置する小樽は、札幌からのアクセスが良い人気の観光地です。石造り倉庫やガス灯などレトロで趣のある小樽運河、旧銀行街など文化財に指定された歴史的建造物が多く、情緒ある街並みが人々を魅了します。

また小樽の市街地が一望でき、北海道三大夜景のひとつである小樽天狗山や、海岸線と朝陽や夕陽をセットで見ることができる祝津パノラマ展望台、荒々しい岩場と爽やかなブルーのコントラストが美しいと評判の青の洞窟など、美しい絶景スポットが多数存在するのも小樽の魅力です。小樽の美しいスポットを巡る旅はいかがでしょうか。

...もっと見る

小樽運河



10.小樽の美味しいモノめぐりたい

小樽市は、日本の魅力的な都市ランキング(2019 観光意欲度ランキング)で4位にランクインした人気の観光都市です。そんな小樽の「美味しいもの」と聞いて思い浮かべるものはなんでしょうか。一般的には「お寿司」や「海鮮丼」を思い浮かべると思います。もちろん北海道の日本海側に位置する小樽で水揚げされる海の幸は、バツグンに美味しいのは間違いありませんが、小樽はそれだけではありません。食の宝庫といわれる北海道の人気の街だけあって、他にも美味しいものが盛りだくさんです。小樽の「美味しいモノめぐりたい」をご紹介します。

...もっと見る

小樽運河



11.小樽の歴史と文学めぐりたい

小樽の歴史は、江戸後期に鰊を求めて移住してきた人たちによって、村落がつくられたのが始まりとされています。その頃より、海の総合商社と呼ばれた北前船も往来するようになりました。沢山の生活物資が北海道に持ち込まれると同時に、豊富な海の幸が本州に運ばれました。明治に入ると北海道開拓の最も重要な港湾として位置づけられ、多くの金融機関も進出し、繁栄の一途をたどりました。大正になると海を埋め立て、運輸を効率的に行える水路を作りました。それが小樽運河です。

...もっと見る

小樽運河
小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら
小樽百貨UNGA↑

小樽北運河エリアにある道内最古の営業倉庫といわれる「旧小樽倉庫本庫」を改装した店舗で小樽の魅力をお伝えするオリジナル商品を開発し販売しています。北海道開拓時代の小樽の繁栄と、北前船の歴史を語り伝え、寄港地や北海道産の魚介類や農産物の加工品、小樽所縁の職人や作家のオリジナル製品の展示販売をしています。