小樽笑百景 vol.6

小樽散歩で見つけた「なにコレ?」

小樽が地元の皆さんはご存知みたいですが…僕は先日初めて存在を知りました。

シャッターやサッシやトタン屋根はさておき…

無造作で、無骨で、板張り無塗装の外観に衝撃を受け「ここは西部劇かっ…なんかこの建物やたらカッコいいぞっ!」って興奮したのを覚えています。

まぁ…その…西部劇って感覚が合っているかどうかは自分でも微妙だな…とも思ってますが笑。

下から見上げて夢中でシャッターを押していると、偶然、隣のオフィスで働く方が出てこられ、幸運にもこの建物に纏わる話しを聞くことができました。

旧日本通運小樽支店として90年以上前に建てられ、その後、旧丸本水産に持ち主が変わり、今は中国資本になっているとかいないとか。

タイル壁が崩れ落ちて全国ニュースになったとか。

冬は雪が落ちてきてめちゃくちゃ怖いとか。

板張りの壁が外れ窓を突き破って死ぬかと思ったとか思わないとか。

近々、取り壊すことになりそうだとかどうだとか。

それはそれは隣人ならではの苦労話を沢山聞くことができました。

歴史ある建物と付き合う…すなわち歴史と真剣に向き合うことの大変さを、あらためて考える良い機会となりました。

最初に「カッコいいぞっ!」って感じたのは、タイルが剥がれた下地の姿…真の裸姿だったんですね笑。



通称:マッパ 

※追悼:2020年、彼は近隣住民の方に見守られながら90有余年の偉大な生涯を無事終えることができました。





小樽の巡り処

北海道の小樽に来たら、巡ってほしい穴場の観光名所や開運スポットをご紹介しています。