小樽笑百景 vol.8

小樽散歩で見つけた「なにコレ?」

手宮線跡地を北運河に向かってどんどん進むと、左側に突然150mは続く非常に背の高い草の壁が現れます。

夏真っ盛りだと2〜3mには育っています。

それはそれは…まるで…葛飾北斎「神奈川沖浪裏」のごとく、暴れ若草生い茂り緑大波迫り来る…のようです。

見える人にはきっと見えるはずです。

目が肥えてくると…笑

函館線沿線…至る所…に見えてきます。



通称:手宮線奥浪表





小樽の巡り処

北海道の小樽に来たら、巡ってほしい穴場の観光名所や開運スポットをご紹介しています。