北前船に思いを馳せ

小樽港海の幸お届け便り vol.8

小樽海上観光船「あおばと」に乗って小樽沿海をミニクルーズです。

「あおばと」は、小樽港第3号埠頭から、小樽水族館や小樽市鰊御殿がある祝津港へ向かう祝津航路と、ニセコ積丹・小樽海岸国定公園の断崖絶壁が楽しめるオタモイ航路があります。

かつて日本の海上流通を担った北前船が、西日本や北陸から物資を積み込み、荒波の日本海を北上して、小樽にたどり着くラスト入港の航跡を追体験している気がしてきます。





海と歴史を刻む街から口福のおすそわけ。「小樽港 海の幸お届け便」


かつて江戸から明治にかけて日本各地と北海道を結んだ北前船という商船がありました。
その頃から小樽を大きく発展させてきた「春告魚」とは鰊のこと。
ここから始まった小樽の水産加工の歴史は創業100年を超える企業を作り出してきました。
小樽百貨UNGA↑は、小樽水産加工業協同組合とともに、この街を活かしてきた「海の恵み」を全国の皆様へお届けいたします。


小樽港 海の幸お届け便