カトリック小樽教会 富岡聖堂

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

JR小樽駅から歩いて約10分程度。小樽商科大学に向かう通称「地獄坂」から少し奥まったところに、地元の人からは「富岡教会」と呼ばれる絵本のような美しい教会があります。現在の正式名称は「カトリック小樽教会 富岡聖堂」で、2015年まではカトリック富岡教会という名前でした。

1929年(昭和4年)の建築で、小樽市指定歴史的建造物70号です。外観は長崎の大浦天主堂などを模して設計されたと思われ、赤いトンガリ屋根と八角堂の鐘楼がある特徴的な建物は、中世ロマネスクとゴシック様式が混在しています。

富岡聖堂の大きな見どころは、窓に輝く沢山のステンドグラスです。礼拝堂の大窓にあるステンドグラスは、建築当初からの古いもので、シンプルな幾何学模様。漆喰の白壁に、やわらかな光が差し込みます。ステンドグラスには色々な種類のガラスが使われていて、ピンクや黄色、緑などの細かい凸凹のあるガラスは日本国内ではもう作られていないそうです。

礼拝堂はいつでも誰でも自由に参拝できます。教会としては目珍しく、礼拝堂内での写真撮影も自由です。

施設名
カトリック小樽教会 富岡聖堂
住所
〒047-0033 北海道小樽市富岡1丁目21-25
電話
0134-22-6278
ホームページ
https://catholic-tomioka-otaru.jimdo.com/



小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら