手宮公園

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

桜の名所として有名な手宮緑化植物園を含む「手宮公園」は、1900年(明治33年)に共同遊園地として国有地の払い下げを受けました。北海道内に現存する都市公園としては、4番目に古い歴史をもつ市街中心の高台にある総合公園です。

エゾヤマザクラやソメイヨシノなど、約700本の桜が植えられ、5月初旬から中旬がお花見のピークとなります。また自然林としては最北限といわれる栗の林があり、樹齢100年以上の大木が約250 本も残されています。

近年「北限の栗林の会」 が結成され、園内の実から苗木を育成して補植を行うなど、地域の市民から愛された公園として高く評価されています。


施設名
手宮公園
住所
〒047-0041 北海道小樽市手宮2丁目5
営業時間
24時間
定休日
無休
ホームページ
> ホームページはこちら



小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら