写真でみる小樽の名所 − 小樽観光

JapaneseEnglish

明治期から大正期にかけ、北海道の玄関口として物流の一大拠点となった小樽。当時は、北日本随一の商都にまで成長し、街はその栄華を極めました。大正期に海を埋め立てて造成され、昭和の保存運動で全国的に有名となった小樽運河をはじめ、当時の繁栄の面影を残す歴史的建築物が建ち並び、そのノスタルジックな街並みは、現在、北海道でもトップクラスの人気の観光スポットです。

小樽に来たらぜひ立ち寄って欲しいおすすめの観光スポットや地元の名産を、小樽百貨UNGA↑の視点で写真ギャラリーにしてみました。小樽は絵になる建物や景観、そして美味しい海の幸が沢山ありますので、小樽に宿泊してじっくり探索することをおすすめします。

小樽の写真


小樽を、贈る。

運河を臨む「旧小樽倉庫」から、
北前船とともに歩んだ「小樽の物語」を
お届けするUNGA↑(うんがぷらす)より、
「小樽の巡りどころ」をご紹介します。

「小樽」をどうぞお楽しみください。

小樽百貨UNGA↑

小樽百貨UNGA↑




小樽観光カテゴリ一覧

小樽観光ポータルトップページはこちら

小樽観光の王道めぐりたい 北運河のお店めぐりたい 古の街並み北運河めぐりたい 小樽の絶景めぐりたい パワースポットめぐりたい 美味しいモノめぐりたい 歴史と文学めぐりたい 歴史的建造物めぐりたい 小樽のガラスめぐりたい 小樽の贈り物めぐりたい 小樽初級者向け三時間モデルコース 小樽初級者向け半日モデルコース 小樽初級者向け一日モデルコース 小樽初級者向け二日間モデルコース 小樽の市場の魅力を伝える 小樽の深い歴史を伝える 小樽の裏散歩 小樽笑百景 写真でみる小樽の名所 小樽と札幌の作家と作品 小樽百貨UNGA↑季節通信 小樽の海と魚の物語り 小樽のおすすめホテルとお宿 小樽の海の楽しみ方 小樽の季節イベント

写真でみる小樽の名所 − 小樽観光



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
1.小樽運河

明治から昭和初期にかけ北海道の玄関口として重要な役割を担ってきた小樽港。港内に停泊した大型船から艀(はしけ)とよばれる小型船を使って荷揚げをしていましたが、取り扱う荷量の増加に伴い、艀荷役の渋滞が問題となります。そこで、より効率的な荷揚げ、荷積みができるように、大正3年からおよそ9年の歳月をかけて、人工の島を造成し、その周囲でも荷揚げ作業ができるようになります。そのとき、もともとの岸壁と人口の島の間にのこされた、全長1,314m、幅40mの水面が通称「小樽運河」と呼ばれるようになります。 ...もっと見る

夕刻、小樽運河の散策路から北側に向かって 小樽運河

夜間、中央橋から浅草橋方面に向かって 小樽運河

昼間、中央橋から北運河を 小樽運河

昔のままの40mの河幅。冬の北運河 小樽運河



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
2.旧手宮線

JR小樽駅から徒歩10分のところにある旧手宮線の廃線跡は、小樽の人気観光スポットになっています。石炭輸送を目的に、北海道では初めての鉄道、日本では三番目の鉄道として、アメリカ人鉄道技師ジョセフ・ユーリー・クロフォードの手により、明治13年に手宮から札幌まで開通したのが始まりです。石炭や海産物の積み出しで賑わった後、明治39年に国有化され、昭和後期まで道民の移動手段として活躍をしていましたが、昭和60年11月に廃線となりました。 ...もっと見る

小樽駅前通りから旧手宮線跡地を右手に 旧手宮線

旧手宮線跡地を散策する女性 旧手宮線

街路灯が周囲を照らす夜の旧手宮線 旧手宮線



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
3.旧小樽倉庫

小樽運河沿いに、ひときわ目立つシャチホコをあげた旧小樽倉庫は、歴史的建造物の多い小樽の中でも、代表的な建造物です。加賀橋立の西谷、西出の二人によって明治23(1890)年、埋め立て整備が終わったばかりの小樽港南浜に建てられています。そののち、西出家の事情により、倉庫は、同じく北前船で小樽に拠点を求めていた山本久右衛門(二代目)が経営することになり、小樽倉庫は現在の「ロ」の字の形に増改築を行い、3,000屬砲よぶ大規模な倉庫なります。 ...もっと見る

国に認可された北海道で一番最初の倉庫 旧小樽倉庫

旧小樽倉庫前に建つ消防犬「ぶん公」 旧小樽倉庫

煉瓦造りの本社跡に入る小樽百貨UNGA↑ 旧小樽倉庫

小樽百貨UNGA↑

海運の街小樽から開運を・・・
途切れないように守られてきた流れを味方に
あなたの運も開けますように。

明治期、北海道開拓の玄関口として栄えた小樽。
北前船が大海原で純白の帆をはためかせ、本州との往来により、この地に多くの物資や文化を運びました。

小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)は、北前船船主 西出孫左衛門と西谷庄八が建てた北海道で初めての営業倉庫「旧小樽倉庫本庫」から、今なお小樽に遺る歴史や文化を載せたオリジナル商品と、北前船の寄港地の良品をお届けします。

北前船とともに歩んだ小樽の物語を、この場所から。

お土産としても喜ばれるここだけにしかないオリジナルの品々を取り揃え、皆様のご来店をお待ち申し上げます。

▷「小樽百貨UNGA↑」詳細はこちら

小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)

小樽百貨UNGA↑

小樽のおみやげ・お土産・贈り物

店舗名
小樽百貨UNGA↑
住所
〒047-0031 小樽市色内2-1-20
電話
0134-65-8150
営業時間
11:00~18:00
定休日
無休
ホームページ
https://unga-plus.com/





写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
4.小樽港

小樽には、祝津漁港、塩谷漁港、忍路漁港の3漁港があり、いずれの漁港も第1種漁港(利用範囲が地元の漁業を主とするもの)です。 なお、高島にある漁港は、高島漁港区と呼ばれ、「港湾法」に基づく「重要港湾」である「小樽港」の一部という扱いになっています。祝津漁港、塩谷漁港、忍路漁港、高島漁港区のいずれも、江戸後期からニシンを求めて北上してきた人々によって漁場として発展してきました。今も当時のニシン漁場としての産業遺産がたくさん残っていて、とても風情がある場所です。 ...もっと見る

石狩湾から朝日の昇る小樽港 小樽港

小樽港で開催される潮まつり花火大会 小樽港

今後、開発が進む小樽港第三ふ頭の倉庫 小樽港



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
5.小樽の銀行街

小樽運河の撮影スポットとして有名な浅草橋から大きな通りの臨港線を渡り、真っすぐ日銀通りを小樽駅方面に向かって進むと、やがて色内大通りとの交差点にやってきます。その界隈は、かつて小樽が「北日本随一の経済都市」と呼ばれていた頃、最盛期には25行もの金融機関が本支店を出していた頃に建てられた銀行建築がたくさん遺っています。しかも明治期の第百十三、日本銀行などから、戦後のモダン建築の先駆けである旧貯金局(市立美術館・文学館)にいたるまで、各時代の様々な建築様式が一流の設計者により、半径500mという狭い範囲に並んでいます。 ...もっと見る

かつての繁栄を象徴する旧三井銀行小樽支店 小樽の銀行街

辰野金吾の設計の日本銀行旧小樽支店 小樽の銀行街

ギリシャ様式の旧安田銀行小樽支店 小樽の銀行街

旧北海道拓殖銀行小樽支店 小樽の銀行街



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
6.小樽の市場

市場大好き・たぐちともこです!今月からUNGA↑のサイトで「ICHIBA SANPO」コラムを書かせてもらうことになりました!嬉しいなぁ〜!!じつは、15年くらい前から「勝手に市場大使」と名乗り、FMおたるの番組などで、“勝手に”市場のPRをしていたんですが、その後、入船市場がなくなり、妙見市場もなくなり…。このままじゃ、大好きな「小樽の市場文化」がなくなってしまうよ〜と、ひとり焦っていました。小樽には今、中央市場、中央卸売市場、三角市場、鱗友市場、南樽市場、新南樽市場という6つの市場があります。人口11万人の街で6つの市場がある(残っている)…。これって実はすごいことだったりします。だから、この6つの市場がずっと小樽の街に残っていくように、私なりに魅力をお伝えして、PRしていければと思っています。 ...もっと見る

観光客で人気の三角市場 小樽の市場

札幌からも押し寄せる南樽市場 小樽の市場

朝4時からやってる鱗友朝市 小樽の市場



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
7.小樽の神社

小樽は古くから港町として栄えていたため、水神・海神や商売繁盛の神を祀(まつ)る神社が多くあります。18世紀末から19世紀初頭には本州からの農業移民も多くみられ、そのために農業神を祀る稲荷神社も多く建立されました。

小樽で神社と言えば小樽住吉神社 小樽の神社

小樽の高台に建つ水天宮 小樽の神社

榎本武揚が建立した龍宮神社 小樽の神社



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
8.北一硝子三号館

小樽観光のメッカとして有名な北一硝子は、第三号館など硝子器ギャラリーのほか、レストランやカフェなど市内に17店舗を有しています。北一硝子は、小樽を代表するガラスブランドであるとともに、小樽近代の歴史と共に成長してきました。北一硝子の前身である浅原硝子が誕生したのは、1901年(明治34年)です。石油ランプや漁業用浮き玉の製造販売を手掛け、飛躍的に業績を伸ばしていました。ところがその後、電気と石油が普及するようになると時代はガラスからプラスチックへ移行。市内に複数あったガラス製造業者も、1960年(昭和35年)年には浅原硝子のみになってしまいました。 ...もっと見る

硝子器ギャラリー併設の第三号館 北一硝子三号館

北一硝子を有名にした石油ランプ 北一硝子三号館



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
9.小樽天狗山

小樽のシンボル的な存在として昔から市民に親しまれている小樽天狗山。標高は532メートルで、小樽市内の中心部いたるところから臨むことができます。山頂へは約6分〜12分間隔で結んでいるロープウエイを使うか、車でも山頂にアクセス(冬季期間は通行止め)することができます。小樽天狗山には5つの展望台があり、とくに山頂展望台は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星を獲得している見逃せないスポットです。 ...もっと見る

小樽を一望できる小樽天狗山 小樽天狗山

北海道三大夜景の小樽天狗山 小樽天狗山



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光
10.小樽雪あかりの路

「小樽雪あかり路」は、冬期間における観光客の減少を少しでも打開するための対策として、1999年(平成11年)に始まりました。毎年2月に開催され、今では10日間ほどの開催で約50万人もの人々が訪れる小樽を代表するイベントのひとつとなっています。ネーミングは小樽出身の詩人、伊藤整の詩集『雪明りの路』にちなんで命名されました。明治・大正期に建てられた銀行や倉庫等の歴史的建造物を数多く有する小樽独特の古い街並みを、キャンドルのあたたかい灯りが包み込みます。開催期間中、10万本以上のキャンドルが使われ、人のぬくもりを大切に、国内外から来るボランティアの協力で点灯が行われています。 ...もっと見る

幻想的なキャンドルライト 小樽雪あかりの路

お店の前に灯される雪あかり 小樽雪あかりの路

蝋燭で満たされる雪のトンネル 小樽雪あかりの路

まちの木々にも雪あかり 小樽雪あかりの路



写真でみる小樽の名所 − 小樽観光

小樽百貨UNGA↑

海運の街小樽から開運を・・・
途切れないように守られてきた流れを味方に
あなたの運も開けますように。

明治期、北海道開拓の玄関口として栄えた小樽。
北前船が大海原で純白の帆をはためかせ、本州との往来により、この地に多くの物資や文化を運びました。

小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)は、北前船船主 西出孫左衛門と西谷庄八が建てた北海道で初めての営業倉庫「旧小樽倉庫本庫」から、今なお小樽に遺る歴史や文化を載せたオリジナル商品と、北前船の寄港地の良品をお届けします。

北前船とともに歩んだ小樽の物語を、この場所から。

お土産としても喜ばれるここだけにしかないオリジナルの品々を取り揃え、皆様のご来店をお待ち申し上げます。

▷「小樽百貨UNGA↑」詳細はこちら

小樽百貨UNGA↑(うんがぷらす)

小樽百貨UNGA↑

小樽のおみやげ・お土産・贈り物

店舗名
小樽百貨UNGA↑
住所
〒047-0031 小樽市色内2-1-20
電話
0134-65-8150
営業時間
11:00~18:00
定休日
無休
ホームページ
https://unga-plus.com/



小樽観光カテゴリ一覧

小樽観光ポータルトップページはこちら

小樽観光の王道めぐりたい 北運河のお店めぐりたい 古の街並み北運河めぐりたい 小樽の絶景めぐりたい パワースポットめぐりたい 美味しいモノめぐりたい 歴史と文学めぐりたい 歴史的建造物めぐりたい 小樽のガラスめぐりたい 小樽の贈り物めぐりたい 小樽初級者向け三時間モデルコース 小樽初級者向け半日モデルコース 小樽初級者向け一日モデルコース 小樽初級者向け二日間モデルコース 小樽の市場の魅力を伝える 小樽の深い歴史を伝える 小樽の裏散歩 小樽笑百景 写真でみる小樽の名所 小樽と札幌の作家と作品 小樽百貨UNGA↑季節通信 小樽の海と魚の物語り 小樽のおすすめホテルとお宿 小樽の海の楽しみ方 小樽の季節イベント
OTARU MAP 小樽街歩きマップ

小樽運河散策ガイド
このページの先頭へ