小樽雪あかりの路

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

「小樽雪あかり路」は、冬期間における観光客の減少を少しでも打開するための対策として、1999年(平成11年)に始まりました。毎年2月に開催され、今では10日間ほどの開催で約50万人もの人々が訪れる小樽を代表するイベントのひとつとなっています。ネーミングは小樽出身の詩人、伊藤整の詩集『雪明りの路』にちなんで命名されました。

明治・大正期に建てられた銀行や倉庫等の歴史的建造物を数多く有する小樽独特の古い街並みを、キャンドルのあたたかい灯りが包み込みます。開催期間中、10万本以上のキャンドルが使われ、人のぬくもりを大切に、国内外から来るボランティアの協力で点灯が行われています。

小樽運河と旧国鉄手宮線跡地をメイン会場として、小樽市内全域でキャンドルが灯ります。運河会場では加工した硝子の玉の中にろうそくを灯した「浮き玉キャンドル」を水面に浮かべ、運河の散策路では雪のオブジェにろうそくを灯す「スノーキャンドル」を作成し、手宮線会場では「スノートンネル」を作成するほか、様々なオブジェを設置し、幻想的な「雪あかりの路」を演出しています。街全体で行われるイベント故、小樽の街のどこを歩いても幻想的な風景が楽しめます。

名所
小樽雪あかりの路
住所
メイン会場は小樽運河
実施日
毎年2月の10日間程度
ホームページ
> ホームページはこちら



小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら