運河公園

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

貨物の荷揚げを円滑にするという使命を担って大正12年に完成した小樽運河。戦後、その役割を終えた小樽運河は、昭和61年(1986年)に散策路やガス灯が整備され、現在の姿になりました。運河の半分は道路として埋め立てられましたが、北運河と呼ばれる北部は40メートルの河幅のまま、昔の姿が残されました。

「運河公園」はその北運河沿いにあり、国指定重要文化財である旧日本郵船(株)小樽支店の荷物の積み下ろしをしていた場所に造られました。広さは約7800平方メートルで、園内には明治・大正の石造りの倉庫を再利用した遊具施設棟や休憩棟を配置。中央には当時の「船入澗」形状を模した噴水池があります。他にも、小樽港の築港に従事した廣井勇や伊藤長右衛門の胸像や、童謡でよく知られる「赤い靴」の親子像など、小樽にゆかりのある人々の銅像も設置されています。

普段は静かな運河公園ですが、公園内の噴水は夏には水遊びをする子供たちで賑わいます。お盆には運河公園内で先祖供養の灯籠流しのイベントが開催されとても幻想的です。

施設名
運河公園
住所
〒047-0031 北海道小樽市色内3丁目6
電話
0134-32-4111
営業時間
24時間
定休日
無休
ホームページ
https://otaru.gr.jp/tourist/unngakoentoukiheisa2020



小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら