銀行街

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

小樽運河の撮影スポットとして有名な浅草橋から大きな通りの臨港線を渡り、真っすぐ日銀通りを小樽駅方面に向かって進むと、やがて色内大通りとの交差点にやってきます。



その界隈は、かつて小樽が「北日本随一の経済都市」と呼ばれていた頃、最盛期には25行もの金融機関が本支店を出していた頃に建てられた銀行建築がたくさん遺っています。



しかも明治期の第百十三、日本銀行などから、戦後のモダン建築の先駆けである旧貯金局(市立美術館・文学館)にいたるまで、各時代の様々な建築様式が一流の設計者により、半径500mという狭い範囲に並んでいます。

この光景は、日本の近代化をあらわすもので、他のどこにもないものです。

施設名
日本銀行旧小樽支店金融資料館/The Bank of Japan Otaru Museum
住所
〒047-0031 小樽市色内1-11-16
電話
0134-21-1111
営業時間
9:30~17:00 (12〜3月は10:00〜)
定休日
水曜日
ホームページ
https://www3.boj.or.jp/otaru-m/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら