小樽運河

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

明治から昭和初期にかけ北海道の玄関口として重要な役割を担ってきた小樽港。
港内に停泊した大型船から艀(はしけ)とよばれる小型船を使って荷揚げをしていましたが、取り扱う荷量の増加に伴い、艀荷役の渋滞が問題となります。



そこで、より効率的な荷揚げ、荷積みができるように、大正3年からおよそ9年の歳月をかけて、人工の島を造成し、その周囲でも荷揚げ作業ができるようになります。
そのとき、もともとの岸壁と人口の島の間にのこされた、全長1,314m、幅40mの水面が通称「小樽運河」と呼ばれるようになります。



大正12年の完成後、しばらく商都小樽の繁栄を支えていましたが、戦後、小樽港に埠頭が整備されると、艀荷役は次第に減少、さらに太平洋側に都市に大規模な港が作られると、多くの船舶は太平洋航路へとシフトしていきます。
小樽運河は次第にヘドロとゴミがたまる、無用の場所へと変化していきます。

そのような運河を埋め立てて、三車線の道路を建設し、再び小樽を物流の拠点とする計画が持ち上がります。
それに対し、小樽の象徴として保存すべきとする市民運動がおき、全国的な話題となった「小樽運河保存運動」と繋がっていきました。

結果として道道1樽港線沿いの南側の半分は道路として埋め立てられましたが、運河沿いは石畳とガス灯が整備された散策路になり、現在はその美しい景観が多くの人々を魅了してやまない北海道を代表する人気の観光スポットに生まれ変わりました。
北側(通称:北運河)は今も昔のままの河幅40mが残されています。

名所
小樽運河/Otaru Canal
住所
〒047-0007 小樽市港町5 小樽運河
営業時間
通年散策可能
定休日
通年散策可能
ホームページ
https://www.city.otaru.lg.jp/docs/2020100900367/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら