旧小樽倉庫

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

小樽運河沿いに、ひときわ目立つシャチホコをあげた旧小樽倉庫は、歴史的建造物の多い小樽の中でも、代表的な建造物です。
加賀橋立の西谷、西出の二人によって明治23(1890)年、埋め立て整備が終わったばかりの小樽港南浜に建てられています。



そののち、西出家の事情により、倉庫は、同じく北前船で小樽に拠点を求めていた山本久右衛門(二代目)が経営することになり、小樽倉庫は現在の「ロ」の字の形に増改築を行い、3,000屬砲よぶ大規模な倉庫なります。



屋根のシャチホコはこの時期に設置されたものとされています。
北浜、南浜などの海岸線には次々と石造倉庫が建てられますが、その一等地を長大な幅で占有した小樽倉庫は群を抜く存在感を示していました。

海岸に対して横長の構造だけではなく、倉庫に囲まれた中庭の存在が小樽倉庫の特徴ですが、これも当時の倉庫の機能にかかわるもので、倉庫にどのくらいの商品が保管されているかなどの情報を遮断するために荷捌きをする場所を、人目に触れない中庭に設けたといわれています。

さらに荷馬車の入り口も遮断できるよう、事務棟の一階部分を通路にしていました。
現在の小樽百貨UNGA↑の店舗部分は創立当初の荷馬車の通路跡です。
北日本随一の経済都市であった小樽を象徴する建物です。

店舗名
小樽百貨UNGA↑
住所
〒047-0031 小樽市色内2-1-20
電話
0134-65-8150
営業時間
11:00~18:00
定休日
火曜日
ホームページ
https://unga-plus.com/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら