小樽貴賓館

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

明治中期、「祝津三大漁家」の一人に数えられた青山留吉は、祝津の海岸線に広大な敷地を入手し、本屋(元番屋)をはじめ、倉庫群、ローカなどの漁場建築群を建設します。



出周辺のニシン漁は明治30年ころをピークに次第に減少していきますが、二代目青山政吉、娘婿の民治の代までは、多くの建て網を所有し、漁業経営も継続していました。大正になるころ、すでに小樽地区有数の資産家となっていた青山家では元番屋裏の敷地に、住居専用の別邸建設に着手します、これには政吉の娘、政惠の強い希望が取り入れられたと伝えられます。



本屋は入母屋造桟瓦葺、木造平屋建で、東北に2階建の離れが作られています。
南正面の東と西に主玄関と脇玄関を対称に配置し、三大漁家の風格を表しような堂々とした正面となっています。
内部は春慶塗や銘木を用い、和・洋の意匠が部屋毎に違えて見られるなど、贅を凝らしています。

施設名
にしん御殿 小樽貴賓館 (旧青山別邸)
住所
〒047-0047 北海道小樽市祝津3丁目63
電話
0134-24-0024
営業時間
9:00~17:00
定休日
年末年始
ホームページ
http://www.otaru-kihinkan.jp/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら