恵美須神社

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

小樽の祝津にある恵美須神社は、1856年に創建された神社で、祝津の三大網元が崇敬したことで知られてます。現在、覆堂に収められている本殿は、小樽市の歴史的建造物(第58号)に指定されています。



祝津海岸の高台にあり、その境内からは美しい小樽の海を見ることができ、拝殿内に奉納された2枚の船絵馬は、日本遺産「北前船」の構成文化財に認定されています。
また境内には小樽市の保存樹木に指定されている神木のクワとイチイがあります。



御祭神は八重事代主大神(やえことしろぬしのおおかみ)で、大国主神の御子とされており、また恵比寿様と同一視されることもある神様です。
海の神・商業の神・託宣神とされており、「商売繁盛・開運・厄除け・病気平癒・海上安全・旅行安全」等にご利益があると言われています。

小樽の祝津という漁業で栄えた町にあるだけに、海の神として海上安全に特にご利益があると信じられています。

施設名
恵美須神社
住所
〒047-0047 小樽市祝津3丁目161番地
電話
0134-22-2591
参拝時間
陽が沈むまで
ホームページ
> ホームページはこちら




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら