水天宮

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

水天宮と名の付く神社は日本各地にあります。
福岡県久留米市の水天宮を総本宮として安徳天皇らを祀っていますが、ここ小樽の水天宮は実はそこには属していません。



小樽の水天宮は北海道神社庁の後志支部に登録されています。小樽駅または南小樽駅から歩いて10分ほどの距離で、東雲町の「外人坂」と呼ばれる坂を登った先にあります。
標高55メートルほどの高台に位置し、社殿の右側のロケーションスポットからは小樽港や日本海、小樽の街並みを一望することができます。



また境内を囲むように八重桜やソメイヨシノ、エゾヤマザクラなどが植えられ、春には優美な桜吹雪が見られます。
毎年6月中頃、小樽三大祭りのひとつ「水天宮例大祭」が行われ、龍宮神社、住吉神社とともに地元民に親しまれています。

御祭神は弥都波能売神(みづはのめのかみ)、保食神(うけもちのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)が祀られています。
弥津波能売神は海上安全、大漁祈願のご利益があり、保食神は五穀豊穣、商売繁盛。
伊邪那岐神、伊邪那美神からは夫婦円満、恋愛成就、子孫繁栄、子宝祈願などのご利益があると言われています。

境内には3つの碑が建てられています。1つは三ツ谷謡村句碑(みつやようそんくひ)です。北海道の勇払郡出身の俳人です。

2つ目は石川啄木歌碑(いしかわたくぼくかひ)です。小樽市に3つある石川啄木歌碑の1つがここにあります。

最後に河邨文一郎詩碑(かわむらぶんいちろうしひ)です。小樽出身の医師であり詩人でもありました。

また境内入り口の狛犬はほかの神社と比べてとても大きいようです。台座の背も高く、ここまで大きいのは全国的にもとても珍しいと評されています。

施設名
水天宮
住所
〒047-0028 小樽市相生町3番1号
電話
0134-22-3495
参拝時間
24時間
ホームページ
> ホームページはこちら




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら