住吉神社

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

南小樽駅から徒歩8分の場所にある住吉神社は、1868年に創建された神社です。函館八幡宮の神主・菊池重賢氏が「ヲタルナイ」と「タカシマ」の総鎮守として1865年に住吉大神を勧請したのがはじまりです。1881年、現在地に社殿を造営し、鎮座150年の由緒ある神社です。



今では小樽の総鎮守として、小樽の神社と言えば必ず「小樽住吉神社」と名前が出てきます。
御祭神は底筒男神(そこつつのおのかみ)、中筒男神(なかつつのおのかみ)、表筒男神(うわつつのおのかみ)の通称「住吉三神」と、息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)です。これらの神様は、日本書紀・古事記によると伊弉諾尊(いざなぎ)が禊祓いした際に尊の御体から流れ落ちた水から生まれたそうです。
海の神、航海安全の神、和歌の神、安産の神とされており、海運で栄えた港町・小樽に深く根付いた神社です。



毎年7月中旬に行われる住吉神社例大祭は小樽三大祭りの一つとして大いに盛り上がります。
また木造としては道内最大級の小樽住吉神社社務所は、1994年に小樽市指定歴史的建造物に認定されています。

施設名
住吉神社
住所
〒047-0014 小樽市住ノ江2丁目5
電話
0134-23-0785
営業時間
24時間
ホームページ
http://www.otarusumiyoshijinja.or.jp/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら