日本銀行旧小樽支店金融資料館

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

小樽市色内にある日本銀行小樽支店(現在は金融資料館)は、赤レンガで有名な東京駅の設計者・辰野金吾とその弟子である長野宇平治らが設計し、明治45年(1912年)7月に竣工しました。当時、小樽には数多くの銀行支店が出行し、色内大通り周辺は「北のウォール街」と呼ばれていました。中でもこの建物の存在感はひときわ異彩を放っていたそうです。

外観はルネッサンス様式を取り入れ、屋根には5つのドームを配置。外壁はレンガの表面にモルタルを塗り、石造り風に仕上げています。内外に30体施されているシマフクロウをモチーフにした塑像や、柱がない大きな吹き抜けの空間となっている営業場、岐阜県赤坂産の大理石を使った営業場カウンターなど、随所に手の込んだ造りとなっています。現在は日本銀行の役割や金融の仕組みなどを紹介する金融資料館として一般公開中です。

施設名
日本銀行旧小樽支店金融資料館
住所
〒047-0031 北海道小樽市色内1丁目11-16
電話
0134-21-1111
営業時間
09;30〜17:00
定休日
水曜日
ホームページ
https://www3.boj.or.jp/otaru-m/




小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら