市立小樽文学館

【小樽めぐりたい】
小樽の観光名所と開運スポットをご紹介

北海道では函館についで古くから開かれた港町であり、かつては北海道経済の玄関口として非常に賑わった小樽。市内の随所に残る古い街並や重厚な建築に、当時の盛況を偲ぶことができます。文化面においても全国から才能豊かな青年たちが集い、切磋琢磨していき、小林多喜二、伊藤整をはじめ大勢の優れた作家が生まれました。

これら作家の著作や文芸誌、また原稿、書簡などの資料類は、現代に遺された貴重な文学的財産です。その散逸を惜しみ、また損傷を防ぐための施設をつくりたいという市民の声が実を結び、旧小樽地方貯金局(昭和27年建築)の二階に、昭和53年11月3日市立小樽文学館が開館しました。市立小樽文学館は、小林多喜二、伊藤整をはじめ、小樽ゆかりの小説家、詩人、歌人、俳人の著書や資料を約1,000点収蔵、展示するとともに、これらの貴重な文化的財産を未来へ伝えていく施設です。常設展示のほかにも文学にかかわる様々なテーマによる特別企画展を催し、文学講座や作家と作品ゆかりの場所を訪ねる文学散歩なども実施しています。

施設名
市立小樽文学館
住所
〒047-0031  北海道小樽市色内1丁目9-5
電話
0134-32-2388
営業時間
09;30〜17:00
定休日
月曜日
ホームページ
http://otarubungakusha.com/yakata



小樽めぐりたい

小樽の開運スポット23カ所をパッケージにあしらった鯛最中チョコレートです。伝統の技で焼き上げられたもち米100%の最中種(最中の皮)にチョコレートと米パフを入れました。



小樽観光の王道めぐりたい北運河のお店めぐりたい古の街並み北運河めぐりたい小樽の絶景めぐりたいパワースポットめぐりたい美味しいモノめぐりたい歴史と文学めぐりたい小樽百貨UNGA↑の最新情報はこちら